こんにちは!
今日は久々にJ子の初心者講座やっちゃうJ!!

今日のお題はこちら!

★色属性★

COJには4色(+無色のトリガーとインターセプト)のカードがありますね。
スターターは赤と緑の属性で作られています。

けれど、ふと、この前侍デッキを作った時に、疑問に思ったことがあります。

 samurai_jko

…このデッキ、青1種類しか入っていないけど大丈夫なの?って。
という訳で、色の属性の特徴とかひっくるめて、開発の人に聞いてきました!

色の属性の違いまとめ

色の属性について、聞いたことをまとめちゃいました!
 

 

良いところ

悪いところ

攻めが強くなり、敵を排除しやすくなる

逆に守りが弱くなる(戦闘にも弱くなる)

守りが強くなり、戦闘時に優位に立てる

敵の撃破が戦闘に頼ることになる、攻めが弱くなる

直接戦闘をしなくても戦える

直接的にユニットを排除しにくい

ユニットを直接除去したりできる

ユニットのサイズが基本的に小さい


これを見ると、よくある『色の3すくみ』的なものはなさそうですね。

タッチについて

タッチついては、まとめるのが難しかったので、開発のむっくさんに解説してもらいました!

【用語】 タッチ
COJでは色属性ごとに得意分野や苦手分野があります。
基本的に「タッチ」はその苦手分野を補うために違う色をちょっとだけ混ぜるということを指します。

簡単な例を出させてもらうと「赤緑タッチジャンプー」などがそれに該当すると思います。
ダメージ系の効果で破壊できないユニット(魔将・信玄など)が出てきた場合や、普通に戦闘しても勝てないようなBPのユニットが出てきた場合に対応するカードを入れておく、という概念です。


1色だけ違う色を入れるのは、メインとなる属性のインターセプトを発動するのに支障がない量なら、アリらしいです◎
逆に、タッチ●●、たとえば青属性のものを入れた場合、青のインターセプトをデッキにいれても、発動するタイミングが限られるので入れないほうが良さそうですね。 

これを参考に、ぜひデッキを作ってみてください!
正々堂々勝負だJー!!!

ではまた明日!